シルクな夜は





もう、今更ながらシルクラインにハマってしまいました

年齢から見越しても、ましてやその魅力を知ったからには もうPVCに戻ることはなさそうです

それまではヴィンテージ感だけで旧世代の遺物と思っていたことを否めません 

触れることも見掛けることも、ましてや調べることすらないままウン十年

しかし、傍らひっそりと楽しんでいた方々がほんの一握り居た訳で 御見逸れ致しました

大げさじゃなく、一本の絹糸に出会いフライフィッシングの魅力と奥行きが倍増したのです

P1120991 (3)



P1120989.jpg


どう伝えれば良いやら

いや、お節介などせず、このまま自分だけの悦びと黙秘すべきか




スポンサーサイト
[ 2018/12/17 17:30 ] アショロコマ Box | TB(0) | CM(0)