スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

mas 細胞が騒ぐ時



釣り小屋から程なく大好きな風景へと溶け込む

松と白樺に囲まれ、日常から楽園へと続く並木道なんだ

間もなく松葉が崩れ、路一面が赫絨毯に変わる晩秋の候


10152_convert_20121020114054.jpg



10156_convert.jpg





10157_convert.jpg


ハラハラ舞い落ちる紅葉と同じ数だけ鱒の波紋が静かに拡がり

夏のそれとは違う風情は日没の早さ以外、ここで急ぐモノは何もない

そう、竹#3辺りが悦に仰反り紅のウォーターベッドを揺らす

水面という境界線が解かれるほんの僅かな黄昏週


108_0370_convert.jpg


mas細胞が騒ぎ出すんだ



[ 2012/10/20 13:02 ] 釣り小屋日誌 | TB(0) | CM(2)

いわなたろう

ああ、たまらないですネ。
静かな流れのない淵にぽつーんと現れるライズを狙うなんて最高!
ああ、早く春にならないかなぁ・・・
[ 2012/10/21 12:28 ] [ 編集 ]

Re: いわなたろう さん


本流で杭と化し一発狙いするか、のんびりライズを愛でるか
いつもどちらにハンドルを切るか優柔不断爆発です
こんなプールにも20インチが潜んでいたりもするんだけどね なかなか
[ 2012/10/21 13:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://asyorocoma.blog76.fc2.com/tb.php/214-02fffc73








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。